使用者の声と実例

パームソナーとパームチップ

 [横浜、女性]足が悪くてサポート杖を使っていたが、視野が欠けてきて、反対の手に白杖も使いだした。工夫として、白くない通常のサポート杖を長めに使い、前方はパームチップつきの白杖で探り、交互に繰り出している。雨の日は、なるべく外出しないよう計画。

 [横浜、男性]暗いとパームソナーを利用する弱視だが、パームチップも使いだして、それぞれの役割分担を理解できた。路面の様子が分かると、安心に足を 出せて、到達した場所も分かるようになり、好きな散歩がさらに楽しくなった。(雨の日を除いて)毎日2万歩ほど歩き、歩幅70センチとして、日に14kmになり、パームチップは半年ほどで交換 したので、2千kmほど使えた計算。

 [長野、鍼灸院]80歳を越えて、盲導犬を3頭目で止め、自宅の診療に限る。健康維持の散歩に使用。耳も遠いが、細かい所が分かり、身の安全に役立つ。

 [北海道の旭川市、女性]冬の3ヶ月テスト(PS231-8)して、極寒の朝でも使えた。寒風でも超音波は正常だったが、暖かい部屋から 出て30分はいいが、手が冷たくなってくると、振動が弱くなってくる。穴開き手袋では寒い。他の防寒の工夫が必要。他の季節では活躍。

 [埼玉、男性]弱視で、ぼんやりとは見えるが、物なのか影なのか、近いのか遠いのか、などの不安があったが、解消された。視覚障害があるように見られないのが苦労。パームチップも便利。なるべく出歩いている。

 [東京、音楽家]初期から使ってる。どこでも一人で行くので、これは有り難い。提案した50センチ以下のビームは、電車の席探しなど、さらに便利。指の付け根あたりで保持すると使いやすいので、固定バンドも工夫したい。役に立つ技術なので、多くの人に広めたい。

 [東京、治療師]通い慣れた通勤経路に追加したので、3ヶ月で自信がついた。流れの後ろに、ついていける。白杖だけだと緊張が続くが、何かを超音波が感じた時以外、つまり、歩行の大部分は緊張なく歩けるので、楽だ。動画などに協力しています。

 [千葉、男性]外出時には白杖と同レベルに必須アイテム。初期のタイプを2年半ほど使ってから、バージョンアップの改良をしたが、超音波や振動の微妙な 反応の違いで、安全性および安心感がだいぶ違うものだと実感。メンテナンスも重要。ゴム製ストラップもとても快適で、携帯電話に付けても安心だし、汎用性 が高く気のきく製品だと思っています。
 パームチップは、深夜の住宅地など静かな道を歩くときなどでも、白杖そのものの音が騒音にならないか、といった心配もないくらいに静かです。

 [福岡、介護系施設勤務]職場内での移動に、とても便利に使ってます。
 パームチップは、当たりが柔らかいので、タッチテクニックで長時間歩いても疲れない。地面を軽くなでるスライド法も、音が小さいので軽快。突っかからないのは、とても安心感があります。

 [愛媛、盲学校生徒]効力は使用次第で大幅に上がる。いろいろ研究している。今では生活必需品。耐久性もある。使いこなすまでをレポート「パームソナーを使いこなすまで」した。

 [愛媛、盲学校教員]超音波を使った同様の外国製の補助具を役立てていたが、小型化を望んでいた。満足する製品ができた。なくてはならない必需品で、手放せない。

 [岐阜、盲学校教員]同様の製品を役立てていたので、発売を熱望していた。仲間に勧めている。

 [岐阜の男性]歩行の際などに大活躍。擦り傷や打撲に悩まされることが激減した。

 [静岡、盲学校]よく設計されてあり非常に使いやすい。練習が必要。超小型のケースにこれだけの性能が入っているのも驚き。振動の歯切れ良さも、なかなかいい。機能的にはほとんど問題ない。視覚障害者用の各種製品を比較したなかで一番いい評価。価格をどうするかが課題。

 [北海道の男性]今年の厳しい寒さにもかかわらず、ほとんど問題なく順調に動作している。毎日の通勤や外出の安全確保にかかせないアイテムとなっている。

 [名古屋、病院事務員]全盲のリハビリ中に知人から紹介された。技術革新によって、復職できるのでは、と思えるようになった。職種は変わったが、復職で きた。もう1年、どれだけ衝突事故を避けているか、複雑な事務室の中でも白杖を使わずに移動できている。訓練校で平成17年末に卒業発表した内容を「歩行補助具の紹介」にまとめた。多くの人に事実を知ってもらい、復職に役立ててほしい。

 [愛知、病院勤務]通勤は、田んぼもある道を25分くらい歩くが、どこでも電柱がある。白杖より早く分かる。一緒に使う時の貢献度は、外では白杖2、超 音波1の割合。病院内では、白杖1、超音波2の割合。止まっている電車が分かる。列に並ぶのが便利で、人をたたかない。重宝している。浮き輪のような物。 無いと不安。頭で使いこなしている。慣れるのに3ヵ月かかった。病院内での使い勝手から要望していた1.2メートルは役に立つ。
 パームチップは良い。水たまりが分かりやすい。軽い。折りたたみのカーボン杖でも、意識しないで使っていると、同じ箇所が減っている(意識的に向きを回してください。テイクス竹内)。

 [東京、老人ホーム機能訓練指導員]素晴らしく反応し、仕事での疲れが違う。職場で利用者を転倒させないことは最低条件なので、白杖を使わず安全に移動 できることは、仕事を守り、自立した生活を継続する助けになる。最初は、安価な他社の製品を買ったが、効果がなかったので、この製品を購入した。障害者向 けの製品は、安さだけでなく、最低ラインの性能は保つべきだ。仕事を守る意味で、安い買い物だと思う。通勤にも役立っている。

 [大阪、販売店]都会では2メートルが使いやすい。提案した固定バンドは役に立つ。電車の席を探すのに使える。
 パームチップは、使いやすい。細いカーボン杖と組み合わせるのが一番のようだ。水たまりが分かり易かった。都会で、こすりながら使っている。

 [東京、会社管理職]4メートルの杖を持つのに近い感覚で使える。あるとないでは大違いなほど、体の一部化している。情報不足で動くときよりも、体の緊 張が和らぐ。開発者のこだわりを感じる性能。上り階段の段の続きが分かる。混んだエレベータや、食器売り場など、繊細な行動が要求される場合に、50セン チ以下の利用価値が高い。頻繁にスイッチを切り替えて使っている。ポケットに入れても、かさばらない。目立たないので、ビジネスで使える。握手する時にも 役立つ。付けた手でドアノブを回せるのは便利。手の甲に付けると、もっと手が自由に使える。引越で、段ボールを見つけて、ぶつけずに運び、正しく置けた。 盲導犬と組み合わせても、停止を予測できたり、状況判断に役立つ。

 [埼玉、国立リハセンター指導員]通勤は徒歩45分ほど。伝い歩き(トレイリング)が非常に有益。ダイナミックに活動する人に役立つ。しかし実用性だけ でなく、使って楽しい。余裕が持てる。散歩で周囲の環境が手にとるように体感できることが感動。中途で失ったイメージを拡げてくれる。

 [イギリスの男性]切れが鋭いので、障害物がよく分かる。振動の分かりやすさは素晴しい。道路と芝生わきの支柱をよく見つける。上がりの段や、歩道の荒 さも分かる。地下鉄などの騒音にも問題ない。地面から頭まで十分な警告になる。同様の製品を役立てていたので、数分で自信を持って使えたが、初めての人に は長い練習が必要。超音波は、無いことを警告できないので、落ち込みは分からないのを知るべきだ。しかし、白杖に専念できる。第一級の超音波の補助具だ。 すっきりして使いやすいデザインだ。充電式に比べると電池の費用が気掛かりだが、充電し忘れる心配はなく、電池を持ち運べる便利さとの兼ね合いになる。  使わない時は、眼鏡ケースに入れている。

 [オーストラリアの男性]超音波の補助具では、振動より、音で知らせるほうが好みなのだが、この器械は好きだ。超音波が狭いので、よく振る必要がある が、物の場所がよく分かる。使いやすくて、小さい物まで見つけられる信頼感が好きだ。楽だし便利なので、手に付けたままで電車に乗れる。2週間くらいの電 池交換は、少し不便。よく意図されて、よく作られている。

トップページへ http://www.palmsonar.com/jp